Xmas × LOUIS VUITTON|ルイ ヴィトンから選ぶ最適なクリスマスギフト|Xmas Gift Selection 003


Xmas
Gift Selection 003

LOUIS VUITTON
Xmas × LOUIS VUITTON

 Xmas Gift Selection | LOUIS VUITTON

 

xmas-2016-2

Xmas Gift Selection 003
LOUIS VUITTON
-クリスマス ギフトセレクション 003-
ルイ ヴィトン

 

 Xmas Gift Selection | LOUIS VUITTON

やっぱりプレゼント選びは難しい?!

男性にとってプレゼント選びは非常に難しいですよね。

お店に入ることすら「照れくさくて苦手だな」という方も多いのではないでしょうか。コレというのがなかなか見つからない男性の皆様に、贈って必ず喜ばれるクリスマスギフトをブランドごとにご紹介していきますので是非ご参考にしてください。

第3弾の今回はブランドの王道「ルイ ヴィトン」

第3弾の今回は数あるブランドの中でも人気そして認知度においても群を抜いて高いと思われる『LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)』です。

常に人気の高いブランドであり、一般的にも非常に人気があるあまり敬遠してしまう方もいると思いますが、みんなが持っているのとは一味違う「ルイ ヴィトン」として、上質な『マヒナ レザー』を使用したアイテムをご紹介します。

やっぱりルイ ヴィトンをお勧めする理由

例えば「知っているラグジュアリーブランドの名前を一つ挙げて下さい」というようなアンケートを取った場合、「ルイ ヴィトン」は1番か2番に必ず名前が出てくるのではないでしょうか。

日本人にとって認知度の高いと思われるラグジュアリーブランドはいくつかありますが、日本初上陸から長い期間が経ちながらブランドイメージを損ねることなく、さほどブランドに興味のない人まで日本人に浸透しているブランドは他にほとんどありません。

ブランド品に対して名前だけと考える方も多いでしょう。確かにその側面がある事も否めませんが、粗悪なものは市場から拒否されるのも事実です。品質とデザインに対する考え方の比重も日本と欧州では大きく異なっていることも要因としてあるでしょう。

歴史あるブランドの多くは品質やデザインで一時代を築き、その伝統を大切にしているブランドだけが今日生き残っています。名前だけのブランドは瞬間的な爆発力はあったとしても長く続くことは決してありません。

一般的にどのような業界でも現状維持の目標だけでは現状維持できず、常に成長戦略を続けてなんとか現状をキープできる厳しい経済状況が続いています。これは当然、名だたるラグジュアリーブランドでも例外ではありません。

ラグジュアリーブランドで最近の目立った戦略として挙げられるのデザイナーの交代から大幅な成長を遂げた「グッチ」でしょう。ここでは詳しく述べませんがクリエィティブ・ディレクターにアレッサンドロ・ミケーレが就任以降、グッチの売上高は大幅増を続けています。

ファッションジャーナリストには評価の高かったアレッサンドロ・ミケーレですが、一般的感覚としてサイケデリックなデザインと感じられるものが多く、これまでの洗練された「グッチ」とは大きく異なり、どちらかというと敬遠されがちなイメージにとられかねない要素がありました。

世の中では「ノームコア」がトレンドとして全盛だったこともあり、相当の違和感があったように感じます。しかし、いざ蓋を開けると歴史あるグッチのアーカイブを上手く使いながら凝りに凝った新しいデザインのアイテムは世界的に現在大人気となっています。

このように誰もが知り、そして安定していると思われるビッグメゾンでさえ常に大きな冒険を選択させられています。今回取り上げた「ルイ ヴィトン」も例外ではありません。

「ルイ ヴィトン」の歴史は長く何度となく変革期はありましたが、近年で大きな動きとして挙げられるのは1998年にマーク・ジェイコブスがデザイナーに就任したことでしょう。(2014年に退任。)

当時、フランスの代表的なブランドとして確固たる地位を築いていた「ルイ ヴィトン」がアメリカ人であるマーク・ジェイコブスをデザイナーに迎えたことは衝撃的な出来事であったと思います。

マーク・ジェイコブスがデザイナーに就任以降、「ルイ ヴィトン」はアパレルと靴の展開を開始。パリ・コレクションでも大きな反響を呼び、アパレルでもトレンドをけん引する存在へとなりました。

村上隆氏とのコラボレーションである「モノグラム・マルチカラー」などこれまでの「ルイ ヴィトン」のアーカイブを使いながら斬新なデザインを発表し、定番のブランドでありながら新鮮さを感じさせるブランドとなりました。

すべての魅力をお伝えすることはできませんが、これだけメジャーになりながらイメージを損ねることなく続いているブランドはそうそうありません。これは圧倒的な品質とデザインの裏付けであると言えるのではないでしょうか。

「ルイ ヴィトン」はブランドがありふれた時代で間違いのないブランドの一つとあり、強くお勧めするに値するブランドであると思います。

非常に長い前置きになりましたが「ルイ ヴィトン」からクリスマスギフトに最適なアイテムをご紹介していきます。

 

 Xmas Gift Selection | LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON
マヒナ・レザー
ポルトフォイユ・イリス
M60143(ノワール)

photo by rakuten.co.jp

1点目にご紹介するのは質感が非常に良いマヒナ・レザーを素材に使用している「ポルトフォイユ・イリス」です。

見慣れているはずのモノグラムをしなやかな素材にパーフォレーションで施したことで、控えめでありながらより上品な印象にさせています。シンプルなロックボタンがより洗練された雰囲気。

また、中のデザインは紙幣入れ×2 / カードスロット×14 / ジップコインポケットと充分な収納力を備えていおり、実用面でも間違いないタイプと言えるでしょう。

 

photo by rakuten.co.jp

 


【 商品詳細情報 】

ブランド:LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)
素材:マヒナ
アイテム:ポルトフォイユ・イリス
品番:M60143
サイズ:幅19.0 cm × 高さ12.0 cm
生産国:フランス
国内直営店価格:¥146,880
コメント:ブランドショップでは、定価またはプレミア価格で販売されていることが多いようです。
商品参考詳細ページ:Amazon / Rakuten

 


ブランドショップで買える
マヒナ・レザー ポルトフォイユ・イリス
カラーバリエーション(イヴォワール)

LOUIS VUITTON
マヒナ
ポルトフォイユ・イリス
M60177

 

 Xmas Gift Selection | LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON
マヒナ・レザー
ジッピーウォレット
M61867(ノワール)

photo by amazon.co.jp

2点目にご紹介するのは1点目と同様にマヒナ・レザーを素材とした「ジッピーウォレット」です。ルイ ヴィトンの財布の中でも圧倒的な人気と定番すぎるデザインであるジッピーウォレットですが、パーフォレーションを施したモノグラムと上質な素材感で印象が全く変わってきますね。

中のデザインは紙幣入れ×3 / カードスロット×12 / ジップコインポケットと充分な収納力を備えていおり、実用面でも非常に使いやすいタイプと言えるでしょう。

photo by amazon.co.jp

 


【 商品詳細情報 】

ブランド:LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)
素材:マヒナ
アイテム:ジッピーウォレット
品番:M61867
サイズ:幅19.0 cm × 高さ10.0 cm × マチ 2.0cm
生産国:フランス
国内直営店価格:¥146,880
コメント:ブランドショップでは、定価で販売されていることが多いようです。
商品参考詳細ページ:Amazon

 


ブランドショップで買える
マヒナ・レザー ジッピーウォレット
カラーバリエーション(イヴォワール)

LOUIS VUITTON
マヒナ
ジッピーウォレット
M61869

 

 Xmas Gift Selection | LOUIS VUITTON

Xmas Gift Selection 003
LOUIS VUITTON
-クリスマス ギフトセレクション 003-
ルイ ヴィトン

第3弾の今回はルイ ヴィトンの「マヒナ レザー」のコレクションから財布のオススメをご紹介しました。次回以降もクリスマスギフトに最適なブランド・アイテムをご紹介していきます。

 


【 Women’s 】

Xmas Gift Selection 001

Xmas Gift Selection 002

Xmas Gift Selection 003

 


【 Men’s 】

Xmas Men’s Gift Selection 001

Xmas Men’s Gift Selection 002

Xmas Men’s Gift Selection 003